液タブ買いました!

という事で液タブ買いました!
「素晴らしい」の一言!なぜ、今まで買わなかったんだろう……。

cintiq16

もともとインテュオス3を使ってまして不満はなかったのですが、
絵を描きだした当初から僕はデジタルでしか描いたことが無く
紙に絵を描くという習慣がほぼなかったのです。
という事で、今までずっと板タブに描いてきたのですが、
おかげでイベントでスケブを描くことはおろか、お絵かきオフ会でも人様にお見せできるクオリティの絵を描くことができずにいるのが本当に嫌なのです。
そんなこともあって、人前でのお絵かきというのが本当に苦手&嫌い……。
この考えのせいで絵が上達しないっていう事も理解しているのですが、
なかなか人間、考えをかえるというのは難しいものなのですよ。
じゃあ、考えを変えるのが難しければ、考えを変えずに人前でお絵かきできるようになる方法はないかな?と考えた結果、
自分の中でOK出せる程度にアナログもしくは外で使えるデジタルツールで絵が描けるようになればいいのでは?という結論に至ったのです。
そんなこともあって、少しでもアナログ感に近い液タブに移行しようという思いがありました。

今まで、サーフェスpro2(売却)⇒ipadpro(初代)(売却)⇒surface pro(第5世代)といくつかスタイラス付きの
ガジェットを触ってきましたが、どれも駄目だったんですよね。
作業エリアが小さすぎて自分には全くあわなかった……。
後は、PCでお絵かきする環境に慣れ過ぎて他の環境で描けないという状況もあってついつい板タブ環境に逃げてしまう。
なので、今回は同様の事にならないよう、液タブに慣れるためにサーフェスproでここしばらくはお絵かきをしてました。板タブ封印していました。
で、だいぶと慣れてきたこともあって今回念願のWACOMの液タブを買うに至ったわけです。

買うと決めてからはビックカメラで16インチと24インチひたすら眺めて触って……
お知り合いの絵描きさんところでも触らせてもらって。
色々悩んだ結果16インチのCintiq(proじゃない方)を購入したのが昨日。
24インチの方が良かったんじゃないか?って言う悩みもあったのですが、さすがに価格差があり過ぎる……。
結果から言うと、16インチで十分でした!
というか、24大きすぎるのでサイズ感もこれが最良だったと今なら言えそうです。
ちなみに作業環境こんな感じです。

sagyou

モニター1枚だとさすがに16インチは厳しいでしょうけど、サブモニターにツール類出せるので、液タブはほぼすべてを描写エリアとして確保できるのです。
これだけエリアあれば十分って感じです。

で、描き味はというと、

すげー。引きたい場所にきっちり線が引けるー。

って感じで、ただただ感動。
個人的にはCintiq>>ipadpro>>>>>surfaceって感じです。
surface決して悪くはないんですが、線描いてるとブレるんですよね。
ただ、surfaceはノートPCとして優秀だしネーム切るには十分な精度なので
今後は使い分けしていこうかなと思ってます。
とりあえず、心配していた描き味は予想以上。
板タブ派の人は慣れるまで大変と聞いていたけど、むしろこっちの方が良い。
左手デバイス(G-13)との連携も予想以上に違和感なし。
こりゃ良い買い物したなって感じです。こんなことならもっと早く買っておけば良かった。
そんな感じです。

お絵かきがすごーく楽しくなりました!

もはや、文句の付け所は無いのですがあえて言わせていただくと……
「芯の減りがクソ速い!!」
ペーパーライクフィルムを貼ったせいで1日で1本消化してしまうペース。
これは、コストが馬鹿にならない……。

という事で、この件は対策を考えました。
対策方法は後日。